2012年 11月

最近は、ズボンも洗えるようになり、クリーニング代が節約できるようになりました。

家庭での洗濯を失敗なくするには、ズボンの裏側についているタグに書いてある記号の意味を知らないといけません。

ズボンに合った洗濯の方法がタグに書いてありますが、まず家庭で洗えるかは、縦長の長方形の記号があることです。

これは、洗濯機を意味しているので、家庭で洗えます。

中に数字で「弱」とか「中」とか書いてあると思いますが、「弱」は弱流で洗います。

何にも書いてなければ、普通に洗います。

又、数字が書いてあれば、水温の上限ですので、お風呂の残り湯で洗濯する場合は注意をしてください。

でも、「ドライ」と書いてある物は「ドライクリーニング」と言う意味ですので、クリーニング屋さんに出して下さい。

その他、水を入れた洗面器のようなマークは、「手洗い」という意味で、押し洗いするとよいでしょう。

中には、洗う洗剤の種類が表示されています。

市販の洗濯ネットは、家庭での洗濯に便利なグッズで、ネットにズボンをたたんで入れて洗うと、型崩れを防ぐ事が出来ます。

その際には、必ずファスナーを閉め、ポケットや折り返し部分のゴミを払っておきます。

最近は、つけ置き洗いで洗えるものもありますが、洗濯上手は節約上手という事にもなりますね。
自分に合ったズボンを選ぶには、デザインやサイズ、ブランドで選ぶという方法があります。

でも、一番は素材ではないでしょうか。

素材には、定番のウールや化繊の他、コットンやリネンといった天然素材のものがあります。

素材というのは、もちろん生地のことですが、生地の善し悪しはどうやって判断したらいいのか、素人ではわかりませんね。

結局、どうするのがいいのかというと、まず生地に触れた時の感触を基準にするのだそうです。

つまり、触ってみて良い感触であれば、良い生地という事になります。

ところが、良い生地というのは、虫も大好きです。

特にウールやシルクのズボンは防虫剤で、常にメンテナンスをする必要があります。

又、湿気も大敵で、思わぬカビや虫食いの原因になります。

衣更えの季節には、一度洗濯をしてからしまいましょう。

クローゼットにも、時々風を入れ湿気を追い払います。

よく、ズボンの裏をひっくり返すと、素材の種類や取扱い方の示したタグがついていますね。

素材の扱い方が記載してあるので、購入したら一度確認するようにしましょう。

扱い方次第で、お気に入りのズボンが長持ちしますよ。
自分に合った良いスーツを買っても、傷みが早いのはズボンです。

その為、替えズボンを購入するだろうと思いますが、買ったのはいいけれど裾上げを頼まなくてはいけなくなることがあります。

裾上げは、買ったお店でやってくれると無料ですが、改めて専門の店に依頼すると2回分のランチ分くらいはかかってしまいます。

ですから、依頼する前に自分で裾上げができないかやってみましょう。

最近は、裾上げテープなる便利なものがあります。

ミシンがなくてもズボンの裾をテープで貼り付けるだけという、簡単にできますので、やってみてはいかがでしょう。

布の間にはさんで接着する両面接着テープと布端を覆いかぶせて接着する片面接着テープがありますが、最初は片面接着テープを使う方が仕上がりが綺麗です。

まず、裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめ、3~5cm残して不要な部分は切り捨てます。

ズボンを裏返し、まち針のラインをアイロンで整え、出来たら線を引いておきます。

まずテープを水で濡らしてから軽く絞り、テープの中心が布端にくるようにかぶせて、アイロンで接着します。

この時、テカリを防ぐ為に当て布をします。

両面接着テープの場合でも、折り曲げた布の間にテープをはさんで、アイロンで接着するだけです。

いずれの場合も剥がれやすいという欠点もありますので、手縫いで軽く縫う事をおすすめします。
近年は、通勤やオフィスワークでカジュアルな服装で仕事に励む人が増えていると、ここまでクールビズが浸透している事を感じずにおえません。

シャツの裾をズボンの外に出している人が多いようですが、本来下着なので、マナー違反なのでしょう。

又、ポケットに財布や手帳等、何もかもいれて膨らんでいるのは、気配りの足りなさで敬遠されます。

せめて、ハンカチ程度に留めてきましょう。

例えば、「紳士のスポーツ」と言われてきた、ゴルフ場では、ズボンでの服装はどうあるべきかを学べます。

ゴルフ場でのベストな服装は、ズボン・ボタンダウンなどの襟付きシャツにブレザーなど上着と決まっています。

半ズボンを穿いてプレーする場合も、ハイソックス着用です。

もちろん、Tシャツ、サンダル、スニーカーは厳禁で、シャツの裾をズボンの外に出すのはマナー違反です。

このように、シャツの裾をズボンの外に出す事をタックインといいますが、タックインを前提としたシャツも販売されていますし、ビジネス以外だったらよいのではないでしょうか。
近年になって、ズボンのことをパンツとよぶようになったのは、どうしてでしょうか。

少し年配の方でしたらズボンと言うのですが、60年代になった頃から「パンツ」というようになりました。

この年代の間には、スラックスと呼ばれていました。

パンツとは、下着のことですが、ズボンともスラックスとも同意語に扱われます。

最初は、男性が穿くものをズボンと言い、女性ものはスラックスといって区別していました。

ところが、次第に英語が生活の中に浸透するようになって、今では、パンツはメンズ、レディース両方に使っています。

各国では、ズボンの呼び名があり、英語では「トラウザーズ」、米語では「パンツ」、フランス語では「パンタロン」と言っています。

では、「スラックス」はと言う事になりますが、ズボンよりもカジュアル向きな替えズボンのことです。

元々は、軍隊の俗語で、ゆるい・だぶだぶのという意味です。

「パンツ」という呼び名を決定的にしたのは、1960年代に、イブサンローランが発表したパンタロンを「シティー・パンツ」として売り出したことで普及していったのです。
ある年代の人達が、何気に使っていた言葉に、「社会の窓」という言葉があります。 ズボンの部位の名称で、チャックの部分です。

現代おいては、既に死語となっている言葉ですが、何故、ズボンのチャックが「社会の窓」なのか疑問に思ったまま大人になってしまった人もいるはずです。

これは、昭和20年代のNHKラジオ番組での発言が元になっています。

この番組は、社会の矛盾を追求する真面目な番組だったそうですが、発言内容には問題がなかったのですが、なぜかズボンのチャックの部分には「大事なものが隠されている場所」という連想させる事になり、「社会の窓」と言葉が生まれました。

チャックが、日本に入ってきたのは1917年から、チャックの名前は、きんちゃく袋の「ちゃく」からきていて、商標名でもあり、日本だけの呼び方だそうです。

正しくはジップ・ファスナー、スライド・ファスナーといいます。

「テープ」「務歯(かみあう部分)」「スライダー」で構成され、付け方によって「務歯みせ」、持出しで見えないようにする「務歯隠し」がありますが、社会の窓の場合には、後者の「務歯隠し」という事になります。
日本では、ビジネスマナーとして、ちゃんとベルトで固定したパンツを穿くのが常識と思われています。

では、ベルトレスのズボンを穿くのは、非常識なのでしょうか。

ベルトレスとは、ベルトをしなくても良いパンツで、左右に2本ずつプリーツがついているのが原則で股上が深くサスペンダーで吊って穿きます。

ところが、カジュアルなズボンが好まれる昨今、クラッシックなタイプを好む方もいらっしゃいます。

ベルト通しもないデザインなので、ベルトの代わりにウエスト調整する事のできるアジャスターがついたものや、突き出し釦止めとされる持ち出しが付いたもので、腰にフィットさせます。

サスペンダーで吊る分、股下を1.5cm~2cm長くなり、脚長効果を出す事になりますので、安定感があり、下半身のプロポーションを美しく引き締めてくれるのです。

タキシード、モーニング・コート、イブニングコートのズボンはすべて、このタイプなので、クラシックで正統派の男のスタイルだといえます。

元々は、スリーピースで着用するものですが、日本の気候に合わず、日本ではツーピースでの着用が主流です。

ちなみにダンスをする場合は、ベルトレスが基本で、ずり落ちないようなフィットしたものを着用します。

この事からも、ベルトレスは、洗練された紳士のスタイルなのではないでしょうか。

ビジネスマナーに反するという事なら、周囲への多少の違和感です。

そういう面からでは、やはりズボンにはベルトの方が好ましいという事になります。
女性用の一部などを除いてほとんどのズボンの脚の筒にはセンタープレスが設けられており、ベルトを通すためのベルトループがあります。

通常1cm程度のこのループ、ベルトを通すだけにあるのではありません。

その証拠に一つしかないループもあります。

時たま、一つしかないループを見て、不良品ではないかと店員さんに苦情を言う方もいらっしゃるそうですが、これは、ハンガーにかける為のループで、ズボンのセンタープレスのものは後ろ真ん中に一つだけです。

元々、メーカー側のサービスの仕様ですので、左右ついていたり、一つしかないものがあったりで、オマケみたいなものです。

種類も色々あって、X掛けになっているもの、太めのループ、横に並列した2本組のループなど、ひと工夫したものが見られます。

ループはベルトやバックルと同じ目線にたつもので、大人のオシャレとしての数少ないアイテムの一つです。

ですから、このループ位置とズボンのどの位置に配列されているかは履き心地は大きく関わってきます。

ズボンのベルト上端から1cm程度下がっているものを「ループ下り」といって、股上の深いズボンを穿く人に好まれています。

しかし、昨今はシャープで細身を好む傾向にありますので、ベルトの下部につく「ループ下り」のあるものよりも、パンツ上端にループが付く「トップループ」がお奨めです。
クールビズを推進する企業も増えたせいか、オフィスカジュアルでOKという企業も増えています。

そういえば、着こなしも決まってアクティブに動いている男性を見ると、出来るビジネスマンは、オシャレでもあると解りますね。

自分のスタイルを作ろうと華やかに着こなす必要はないのだと思いますが、いろいろな着こなしを試してみるのもよいのではないでしょうか。

着こなしとは清潔感を演出できるコーディネートだと思いますが、その為にはズボンは欠かせないアイテムです。

ビジネススーツのインナーをいつもシャツからカットソーに替えるだけで、印象は随分と変わります。

堅苦しくなく、カジュアル過ぎない着こなしに挑戦してみてはいかがでしょう。

ズボンにTシャツをインするというスタイルをとる時は、細身のもので厚めのものを選べば大丈夫です。

ネクタイは着けなくても、ジャケット+ズボンというような組み合わせは必要があります。

会社がOKならば、ジーンズも試してみましょう。

この場合、夏でもジャケットを羽織る等の心配りがいります。
大切なお気に入りのズボンのお手入れどうしていますか。

食べ物などの汚れやシミがついてしまったら、ごしごしこすらずに、取り敢えずハンカチやティッシュですぐに吸い取ります。

家に帰ったら、中性洗剤を薄めた液をタオルにつけ、下にタオルを当てて、上から軽くたたきます。

これを繰り返す事で汚れは下のタオルに吸い取られ、最後に湿らせたタオルでたたいて吸い取ります。

水溶性の汚れは、この方法で大丈夫ですが、心配な場合はクリーニングに出すのがいいでしょう。

又、ズボンの生地の風合いがなくなるので、頻繁にクリーニングに出す必要はありませんが、シーズン途中に1~2回ぐらいの割合で、クリーニングする事をお奨めします。

クリーニングは、大抵の場合ドライクリーニングです。

水溶性汚れやシミをとりたいのなら、水洗いのクリーニング店が向いています。

最近は、ウォッシャブルなズボンも販売されていますが洗濯後は、軽く脱水し、型を整えてハンガーに掛けて干すことが望ましいです。

クリーニング店に出す時は、ポケットの中を確認して、シミの原因が解っていれば伝えるようにしましょう。

ほつれや取れそうなボタンは補修しておきましょう。

受取証はちゃんと保管して、ズボンが戻ったらビニール袋ははずして、数日の間風を通します。