こだわってみたいズボンのループについて

女性用の一部などを除いてほとんどのズボンの脚の筒にはセンタープレスが設けられており、ベルトを通すためのベルトループがあります。

通常1cm程度のこのループ、ベルトを通すだけにあるのではありません。

その証拠に一つしかないループもあります。

時たま、一つしかないループを見て、不良品ではないかと店員さんに苦情を言う方もいらっしゃるそうですが、これは、ハンガーにかける為のループで、ズボンのセンタープレスのものは後ろ真ん中に一つだけです。

元々、メーカー側のサービスの仕様ですので、左右ついていたり、一つしかないものがあったりで、オマケみたいなものです。

種類も色々あって、X掛けになっているもの、太めのループ、横に並列した2本組のループなど、ひと工夫したものが見られます。

ループはベルトやバックルと同じ目線にたつもので、大人のオシャレとしての数少ないアイテムの一つです。

ですから、このループ位置とズボンのどの位置に配列されているかは履き心地は大きく関わってきます。

ズボンのベルト上端から1cm程度下がっているものを「ループ下り」といって、股上の深いズボンを穿く人に好まれています。

しかし、昨今はシャープで細身を好む傾向にありますので、ベルトの下部につく「ループ下り」のあるものよりも、パンツ上端にループが付く「トップループ」がお奨めです。