ズボンの歴史

ズボンとは、ウエスト~足首までの長さで、股間から2股に分かれている、そのそれぞれの穴に足を通して穿く衣服のことです。

このズボンという言葉、あまりに生活の中に溶け込んでいるので、英語だと勘違いしている方も多いでしょう。

又、ズボンのことを「パンツ」が同意語だと思っている方も多いです。

実は、英語で「パンツ(pants)」 というと下着の意味になります。

英語ではスラックス(slacks)、フランスではパンタロン(pantalon)が同意語として扱われています。

ではズボンは何語になるのかということですが、日本では単にデザインを区別するために表現しています。

実際は、フランス語のペチコート「jupon」からきているのではないかと言われています。

その他に、江戸時代末期に、はかまのようにズボンッという穿くときの音から付けられたとか、ポルトガル語から来たという説もあります。

とにもかくにも、ズボンが普及しだしたのは、16世紀以降だったとされ、フランス革命が起こった18世紀以降に、当時の男性が穿いていたキュロットが元になったと考えられています。

戦後になると屋外での作業用やビーチなどのレジャーや娯楽のためのファッションアイテムとして、認められるようになりました。